目次 | « 前へ

WordPressのインストール作業・ログイン確認

ご利用環境にWordPressをインストールします。

準備作業(データベース情報の確認)で確認した情報をお手元にご用意ください。
なお、本マニュアルでは、例として以下環境で説明をしています。
実際に編集される際は、お客様の環境に置き換えてご利用ください。

ホスト名mysql.demodemo.jp
データベース名demodemo_jp
ユーザー名demodemo
パスワードxxxxxxxx
wordpressのフォルダ名blog
設定ファイルのアップロード(WinSCPの場合)で変更したフォルダ名
  1. ブラウザを起動し、以下URLにアクセスします。
    http://www.ドメイン名/wordpressのフォルダ名/wp-admin/install.php

    (例)ドメイン名が「demodemo.jp」、wordpressのフォルダ名が「blog」の場合:
    http://www.demodemo.jp/blog/wp-admin/install.php

  2. 「さあ、始めましょう!」をクリックします。

  3. 必要事項を入力し、「送信」ボタンをクリックします。

    データベース名準備作業(データベース情報の確認)で確認した「データベース名」を入力
    ユーザー名準備作業(データベース情報の確認)で確認した「ユーザ名」を入力
    パスワードMySQLの「パスワード」を入力
    ※お客様にて変更されていない場合、管理者初期パスワードと同一です。
    ※パスワードがご不明な場合、「管理者機能ページ」→「データベース(MySQL)」→「パスワード変更」で変更できます。
    データベースホスト準備作業(データベース情報の確認)で確認した「ホスト名」を入力
    テーブル接頭辞表示されているままの状態にします。
  4. 「インストール実行」をクリックします。

  5. 必要事項を入力し、「WordPress をインストール」ボタンをクリックします。

    サイトのタイトル任意の文字列を入力
    ※WordPressを利用したホームページのタイトルになります。
    ユーザー名任意の文字列を入力
    ※管理者がWordPressにログインする際のユーザー名になります。
    ※admin,administratorなどの推測されやすい文字列は不正アクセスの対象になる可能性があります。ユーザー名に設定されないことをお勧めします。
    パスワード任意の文字列を入力
    ※管理者がWordPressにログインする際のパスワードになります。
    ※123456789,password,ドメインなどの推測されやすい文字列やユーザー名と同じ文字列は不正アクセスの対象になる可能性があります。入力欄下が「強力」になる文字列を設定されることをお勧めします。
    メールアドレスご利用されているメールアドレスを入力
    プライバシー検索エンジンによるサイトインデックスを許可する場合、チェックします
  6. 「成功しました!」画面が表示されます。
    「ログイン」ボタンをクリックします。

  7. 必要事項を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。

    ユーザー名上記手順5で表示された「ユーザー名」を入力
    パスワード上記手順5で表示された「パスワード」を入力
  8. WordPressの管理画面が表示されます。
    画面左上、サイトのタイトルをクリックし「サイトを表示」をクリックします。

  9. 作成したサイトとサンプルページが表示されます。

  10. 以上でWordPressの設定は全て終了です。


Copyright