サービス関連情報

HOME > お知らせ > サービス関連情報 > 2020/03/10

サービス関連情報

【注意喚起】各社ブラウザのTLS1.0/1.1無効化実施について

2020年3月10日

お客様各位

平素よりアルファメールダイレクトをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2020年3月より実施される予定の各社ブラウザのTLS1.0/1.1無効化におけるアルファメールダイレクトの対応状況についてご案内いたします。

アルファメールダイレクトで公開中のホームページ閲覧やWebメールのご利用に関する重要な内容となりますので、下記内容をご確認いただますよう、お願い申し上げます。

今後ともアルファメールダイレクトをご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

ご案内の背景

大手4社のブラウザ(InternetExplorer, Edge, Safari, Firefox, Chrome)において、脆弱性が指摘されている「TLS1.0/1.1」の利用を2020年に無効化する計画が発表されております。

各社の発表による各ブラウザの対応時期は、以下のとおりです(2020年3月時点)。
※リンクをクリックすると、各社の告知ページが開きます。

ブラウザ 対応時期
Internet Explorer 11・Edge 2020年前半(1-6月)
Google Chrome 2020年3月17日 (米国時間)
Safari 2020年3月
Firefox 2020年3月10日 (米国時間)

このため、アルファメールダイレクトにて提供しております各機能のうち、以下の3つの機能が利用できなくなる影響がございます。

  • Webメール
  • 管理者メニュー内「Webサービス」機能
    (新着情報管理や、お問い合わせフォームの作成・利用など)
  • 共有SSL
    (「https://」で始まるURLのページの閲覧)

アルファメールダイレクトをご利用のお客様におかれましては、上記影響への対策として、より安全な「TLS1.2」に対応したアルファメール2コンパクトへのサービス変更をお早めに実施いただきますよう、お願い申し上げます。

  1. TLSは通信の内容を暗号化するHTTPS接続を行う際に使用される通信規格です。
  2. 今回の影響は「https://」で始まるURLへのHTTPS接続となり、非暗号化の「http://」で始まるURLへの影響はございません。

「TLS1.0/1.1」無効化実施後のイメージ

アルファメール2コンパクト環境のメリット

  • 容量の増加
    • メール容量:10GB → 20GB
    • Web容量:10GB → 20GB
  • PHPやDBなどWebモジュールのバージョンアップ
  • 独自SSLに対応(月額オプションもご用意)
  • セキュリティ性の向上

「アルファメール2コンパクト」の詳細情報

アルファメール2コンパクトへのサービス変更方法

アルファメール2コンパクトへのお申し込みは、お客様マイページへお客様番号でログイン後、「サービス変更」メニューよりオンラインで行なうことができます。ご利用料金の追加や変更、手数料の発生はございません。
必要な手順などの詳細は、下記リンク先にてご確認ください。

アルファメールダイレクトからアルファメール2コンパクトへのサービス変更について

お客様にてアルファメール2コンパクト環境へホームページデータの移行ができない場合

アルファメール2コンパクト環境へのホームページデータの移行に関しては、移行支援サービスをご用意しております。お客様ホームページが移行可能か無料で診断し、移行可能な場合、弊社にて作業を行います。
詳細につきましては、サービス移行案内サイトをご確認ください。

 ※移行支援サービスは、ご好評につきお申し込みいただいたお客様にお待ちいただいている状況です。ブラウザによる制限実施前に作業を完了できかねますので、ご了承ください。

本件に関するよくあるご質問

アルファメール2コンパクトへの変更は、どの様にすればよいですか?
お客様マイページ」からお申し込みができます。
サービス変更方法などの詳細は、こちらでご確認いただけます
何もしない場合、どうなりますか?
Webメールや、お問い合わせフォームなどの共有SSLで開くページが、ブラウザの機能によってページが開けないように制限されてしまいます。
お問い合わせフォームを共用SSLで利用している場合は閲覧できなくなりますか。
はい。お問い合わせフォームに限らず、アルファメールダイレクトの共用SSLで利用されているページも閲覧できなくなります。
ブラウザにより制限された場合、ページを閲覧することはできませんか?
以下の方法により、継続して閲覧いただくことが可能ですが、セキュリティ上脆弱な暗号化となりますので、至急「TLS1.2」に対応した環境への移行をお願いいたします。

GoogleChromeの場合

Firefoxの場合

アルファメール2コンパクトに変更する場合、しなければならないことはありますか?
メールソフトの設定変更等の必要はございませんが、ホームページをご利用の場合、ファイルのアップロードや、PHPやCGI等のプログラムの修正が必要になる場合がございます。
また、Webメールのデータは移行完了後6カ月間は「旧Webメール」のメニューよりご確認いただけますが、アルファメール2のWebメールへのデータの引継ぎはできません。
移行の際に引き継げる内容・引き継げない内容についての詳細は、こちらでご確認いただけます(※PDF)
Webサーバーを利用していない/他社のWebサーバーでホームページを公開しているが、アルファメール2コンパクトへの変更は必要ですか
アルファメールダイレクトの標準提供のWebサーバーのご利用がなく、Webメールもご利用ではない場合、変更は不要ですが、追加料金がかからずメール容量及びweb容量が増強されますので、アルファメール2コンパクトへの変更は推奨させていただいております。