サービス関連情報

HOME > お知らせ > サービス関連情報 > 2020/02/18

サービス関連情報

新Webメールリリースのお知らせ 【3/16更新】

2020年2月18日

お客様各位

アルファメール ダイレクトをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2020年3月より、大手4社のブラウザ(Internet Explorer, Microsoft Edge, Safari, Mozilla Firefox, Google Chrome)において、脆弱性が指摘されている「TLS1.0/1.1」の利用を無効化する計画が発表されており、TLS1.2に対応していないサービスでは、HTTPS接続(https:// で始まるページの閲覧)ができなくなる影響がございます。

これに伴いアルファメール ダイレクトでは、アルファメール2ならびにアルファメール2コンパクトで提供している、TLS1.2に対応した新Webメールの提供を行います。


  • 現在のWebメール

  • 新Webメール

今後ともアルファメール ダイレクトをご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

リリース日2020年 3月14日(土)
ご利用料金ご利用料金の追加や変更はございません
対象機能新Webメールの提供
新Webメール
機能強化

TLS1.2に対応したWebメール機能を提供します。
管理者メニューならびに利用者メニューから「新Webメール」のリンクをクリックすることでご利用が可能です。


  • 管理者メニュー

  • 利用者メニュー

特徴

受信方法がIMAPに変更
旧WebメールはPOPでメール受信をしていましたが、新WebメールはIMAPを利用します。
POPはメールサーバから受信したメールをWebメールサーバ上に保管していましたが、新WebメールはIMAPプロトコルによって、メールサーバのメールボックスに保存されているメールを表示します。
文字コードがUTF-8に変更
メールの文字コードが、ISO-2022-JPからUTF-8へ変更になりました。
UTF-8は世界で標準的な文字コードとされており、これまで文字化けしていたメールも文字化けしづらくなります。

詳しくは、ご利用の手引きよりご確認ください。

注意事項

現在ご利用のWebメールの各データ(メールデータ、アドレス帳、フォルダ構成など)を、新Webメールに移行することはできません
2020年3月16日更新:アドレス帳の一部のデータ(表示名、メールアドレス)は、新Webメールのアドレス帳にコピーされています。