迷惑メールフィルタの設定

利用者本人用の迷惑メールフィルタとして、個別フィルタを設定できます。さらに、迷惑メールフィルタ(共通フィルタ・個別フィルタ)の利用設定を変更できます。

迷惑メールフィルタとは
あらかじめ迷惑メールの条件を設定し、お客様がメールを受信される前にサーバ側で判定する機能です。

アルファメールでは、管理者および利用者がそれぞれ迷惑メールフィルタを設定できます。
管理者は、利用者共通で使用できる「共通フィルタ」を設定できます。利用者は、利用者本人用の迷惑メールフィルタとして「個別フィルタ」を設定できます。
管理者は、迷惑メールフィルタ(共通フィルタ・個別フィルタ)の利用設定を、ユーザごとに変更できます。利用者は、利用者本人の迷惑メールフィルタ(共通フィルタ・個別フィルタ)の利用設定を変更できます。
迷惑メールの条件に合致したメールは迷惑メールボックスに隔離され、一定期間後、自動的に削除されます。

メールフィルタ機能の処理順序について
アルファメールでは、複数のメールフィルタ機能をご用意しています。
各フィルタの処理順序は、次の通りです。
1.管理者の設定する共通フィルタの受信許可リスト
2.利用者の設定する個別フィルタの受信許可リスト
3.管理者の設定する共通フィルタ
4.利用者の設定する個別フィルタ

※ 受信許可リストの条件に合致したメールは、迷惑メールフィルタ(共通フィルタ・個別フィルタ)によってフィルタリングされません。

迷惑メールフィルタ画面を表示する
迷惑メールフィルタを設定するための画面は、以下の方法で表示します。
1
利用者メニューを表示し、「迷惑メールフィ ルタ」をクリックします。
※ 利用者メニューの表示方法→「利用者メニューにログイン する」
2
迷惑メールフィルタ画面が表示されます。
共通フィルタの適用状況
共通フィルタが適用されているかどうかは、画面中 段の表示で確認できます。
迷惑メールフィルタを設定する
迷惑メールフィルタの利用設定を変更したり、共通フィルタの条件を確認できます。
迷惑メールフィルタの利用設定を変更する
ユーザ本人の迷惑メールフィルタ(共通フィルタ・個別フィルタ)の利用設定を変更できます。
・ ユーザは、ユーザ本人の利用設定を変更できます。
・ 迷惑メールフィルタの利用設定は、管理者によっても変更される場合があります。
1
迷惑メールフィルタ画面を表示し、必要事項 を選択して「実行」ボタンをクリックします。
※ 迷惑メールフィルタ画面の表示方法→「迷惑メールフィル タ画面を表示する」
共通フィルタ
共通フィルタの条件を適用させるかどうかを選択します。
個別フィルタ
個別フィルタの条件を適用させるかどうかを選択します。
サマリーメール
迷惑メールと判定され、迷惑メールボックスに隔離されたメールの情報を受信するかどうかを選択します。
サマリーメールをHTML形式で受信する場合、「受け取る(HTML)」を選択します。
サマリーメールをTEXT形式を受信する場合、「受け取る(TEXT)」を選択します。
サマリーメールを受信しない場合、「受け取らない」を選択します。
迷惑メール保存期間
迷惑メールを保存する日数を選択します。
迷惑メール保存期間とは
・ 迷惑メールの条件に適合したメールは迷惑メール ボックスに隔離され、設定した迷惑メール保存期 間を過ぎると、自動的に削除されます。
・ 迷惑メール保存期間は、共通フィルタおよび個別 フィルタで共通です。
2
設定が有効になります。
※ 「迷惑メールフィルタページへ」ボタンをクリックすると、 迷惑メールフィルタ画面に戻ります。
共通フィルタの条件を確認する
1
迷惑メールフィルタ画面を表示し、「参照」 ボタンをクリックします。
※ 迷惑メールフィルタ画面の表示方法→「迷惑メールフィル タ画面を表示する」
共通フィルタ設定の参照画面が表示されます。
次の場合、「参照」ボタンは表示されません。
・ 管理者が設定内容を公開していない
・ 管理者が共通フィルタの条件を何も設定していな い
・ 共通フィルタで「無効にする」を選択している
2
参照する設定をクリックします。
※ ここでは、「言語フィルタの設定」を選択する場合を例に 説明します。
3
設定内容が表示されます。
個別フィルタの条件を設定する
個別フィルタの条件を設定します。
件名フィルタの条件を設定する
1
迷惑メールフィルタ画面を表示し、「件名 フィルタの設定」をクリックします。
※ 迷惑メールフィルタ画面の表示方法→「迷惑メールフィル タ画面を表示する」
件名フィルタの設定画面が表示されます。
2
必要事項を入力し、「実行」ボタンをクリッ クします。
大文字と小文字を区別する
区別する場合、選択します。
件名が無いメールを迷惑メールボックスに隔離する
件名がないメールを迷惑メールボックスに隔離する場合、選択します。
キーワードが
「完全一致」
件名と完全に一致した場合、迷惑メールと判定するキーワードを入力します。
キーワードが
「先頭にある」
件名の先頭にあった場合、迷惑メールと判定するキーワードを入力します。
キーワードが
「含まれる」
件名に含まれていた場合、迷惑メールと判定するキーワードを入力します。
※ 入力制限について→「フィルタの設定」
正常に設定されると、次手順のような画面が表示され ます。
複数のキーワードを設定するには
設定する条件は1行に1つです。
複数設定する場合、改行して入力します。
3
設定が有効になります。
送信者フィルタの条件を設定する
1
迷惑メールフィルタ画面を表示し、「送信者 フィルタの設定」をクリックします。
※ 迷惑メールフィルタ画面の表示方法→「迷惑メールフィル タ画面を表示する」
送信者フィルタの設定画面が表示されます。
2
必要事項を入力し、「実行」ボタンをクリッ クします。
送信者アドレスがないメールを迷惑メールボックスに隔離する
送信者アドレスがないメールを迷惑メールボックスに隔離する場合、選択します。
送信者アドレスがお客様ドメイン名のメーリングリストの場合、迷惑メールボックスに隔離する
送信者アドレスがお客様ドメイン名のメーリングリストのメールを迷惑メールボックスに隔離する場合、選択します。
送信者アドレスと受信者アドレスが同じ場合、受信許可リストを参照しない
送信者アドレスと受信者アドレスが同じ場合、受信許可リストを参照しないときは、選択します。
キーワードが
「完全一致」
送信者メールアドレスが完全に一致した場合、迷惑メールと判定するキーワードを入力します。
キーワードが
「先頭にある」
送信者メールアドレスの先頭にあった場合、迷惑メールと判定するキーワードを入力します。
キーワードが
「含まれる」
送信者メールアドレスに含まれていた場合、迷惑メールと判定するキーワードを入力します。
※ 入力制限について→「フィルタの設定」
正常に設定されると、次手順のような画面が表示され ます。
複数のキーワードを設定するには
設定する条件は1行に1つです。
複数設定する場合、改行して入力します。
「送信者=メーリングリスト」の迷惑メー ルを防ぐには
「送信者アドレスがお客様ドメイン名のメーリング リストの場合、迷惑メールボックスに隔離する」を 選択してください。

※ この設定は、受信許可リストよりも優先して適用されます。

「送信者=受信者」の迷惑メールを防ぐ には
「送信者アドレスと受信者アドレスが同じ場合、受信 許可リストを参照しない」を選択してください。
受信許可リストにお客様のドメイン名を設定した場 合、「送信者=受信者」の迷惑メールも受信してしま います。
この項目を設定すると、該当メールを受信許可リス トから無効化し、迷惑メールフィルタの条件を適用 させることができます。
3
設定が有効になります。
言語フィルタの条件を設定する
1
迷惑メールフィルタ画面を表示し、「言語 フィルタの設定」をクリックします。
※ 迷惑メールフィルタ画面の表示方法→「迷惑メールフィル タ画面を表示する」
言語フィルタの設定画面が表示されます。
2
迷惑メールと判定する言語を選択し、「実行」 ボタンをクリックします。
正常に設定されると、次手順のような画面が表示され ます。
3
設定が有効になります。
受信許可リストの条件を設定する
受信許可リストは、迷惑メールフィルタ(共通フィルタ・個別フィルタ)の「ホワイトリスト」を指定する機能です。
この条件に合致するメールは、迷惑メールフィルタ(共通フィルタ・個別フィルタ)によってフィルタリングされません。
1
迷惑メールフィルタ画面を表示し、「受信許 可リストの設定」をクリックします。
※ 迷惑メールフィルタ画面の表示方法→「迷惑メールフィル タ画面を表示する」
受信許可リストの設定画面が表示されます。
2
必要事項を入力し、「実行」ボタンをクリッ クします。
受信許可メールアドレス(ドメイン)
受信許可と判定するメールアドレスを入力します。
受信許可メール件名(キーワードを含む)
受信許可と判定するメールの件名を入力します。
※ 入力制限について→「受信許可リストの設定」
正常に設定されると、次手順のような画面が表示され ます。
メールアドレスはドメインでの設定も可 能です
「@ドメイン名」を入力します。
<例>@XXX.co.jp
複数の条件を設定するには
設定する条件は1行に1つです。
複数設定する場合、改行して入力します。
3
設定が有効になります。
迷惑メールボックスに隔離されたメールを確認する
迷惑メールボックスに隔離されたメールは、以下の方法でその内容を確認できます。詳しい操作方法については、参照先をご覧ください。
方法
迷惑メールボックス内のメールを通常のメールボックスに移動し、受信する
迷惑メールボックス内のメールを受信する
処理概要
確認するメールを迷惑メール一覧で選択し、通常のメールボックスに移動します。移動したメールは、メールソフトで受信することができます。
メールソフトの設定を変更し、迷惑メールボックス内のすべてのメールを一括して受信します。
参照先

迷惑メールをリカバリする
利用者画面で迷惑メールボックス内のメールを通常のメールボックスに移動し、メールソフトで受信できるようにします。
1
迷惑メールフィルタ画面を表示し、「メール のリカバリ」をクリックします。
※ 迷惑メールフィルタ画面の表示方法→「迷惑メールフィル タ画面を表示する」
メールのリカバリ画面が表示されます。
2
通常のメールボックスに移動するメールの 「リカバリ」欄を選択し、「実行」ボタンをク リックします。
正常に設定されると、次手順のような画面が表示され ます。
3
選択したメールがメールボックスに移動し ます。
※ 通常のメールボックスに移動したメールは、メールソフト で受信できます。
■ メールのリカバリ画面で、送信者を受信許可リストに追加する
受信許可リストに追加すると、以降、迷惑メールフィルタ(共通フィルタ・個別フィルタ)によってフィルタリング されることはありません。
1
受信許可リストに追加するメールの「受信許 可追加」欄を選択し、「実行」ボタンをクリッ クします。
※ 「受信許可追加」欄を選択すると、同時に「リカバリ」欄 も選択されます。
送信者の情報が受信許可リストに追加されます。
迷惑メールボックス内のメールを受信する
メールソフトの設定を変更すると、迷惑メールボックス内のすべてのメールを一括して受信できます。
メールソフトの設定を変更したくない場合や受信するメールを選択したい場合は、迷惑メールを通常のメールボッ クスに移動してから受信してください。
操作方法は、「迷惑メールをリカバリする」をご覧ください。
1
メールソフトの設定でアカウント名を以下 のように変更します。
アカウント名
「メールアドレス」+「.SPAM」を入力します。
2
「適用」ボタンをクリックし、「OK」ボタン をクリックしてメールを受信します。
※ 迷惑メールの受信が完了しましたら、設定を必ず元に戻し てください。