迷惑メール検知(SpamAssassin)の設定

迷惑メールをサーバで自動的に解析・検知する迷惑メール検知(SpamAssassin)機能を設定します。

迷惑メール検知(SpamAssassin)とは
アルファメールの利用者宛メールが迷惑メールかどうかを解析・検知し、迷惑メールと判定した場合、件名の前に[spam]と挿入する機能です。ユーザは、メールソフトの仕分け機能などを使って、迷惑メールを隔離することができます。

※解析・検知のシステムは、SpamAssassinのシステムを採用しています。

※すべての迷惑メールの検知を保証するものではありません。また、正常なメールを迷惑メールとして検知する可能性があります。

迷惑メール検知(SpamAssassin)を設定する
1
管理者メニューを表示し、「迷惑メール検知 設定」をクリックします。
※ 管理者メニューの表示方法→「管理者メニューにログイン する」
迷惑メール検知設定画面が表示されます。
2
必要事項を選択し、「設定」ボタンをクリッ クします。
有効にする
迷惑メール検知を、有効にします。
無効にする
迷惑メール検知を、無効にします。
正常に設定されると、次手順のような画面が表示され ます。
3
設定が有効になります。
処理時刻について
迷惑メール検知(SpamAssassin)の設定は、毎日6時と18時に反映されます。